発症のメカニズム 発症のメカニズム

花粉症は植物が放出する花粉が原因となって起こるアレルギー反応の一種になりますが、空気中に飛散されている花粉を体が取り込む際に本来なら細菌やウイルスを撃退する時に働く免疫機能が花粉を体にとって害のある物質だと勘違いすることによって症状が起こります。
花粉に限らず植物や動物アレルギーなども同様のメカニズムで発症することが知られており、結局のところは動物の毛に対して体が過剰な反応を示すことによって起こる症状です。
そのため、花粉に対して過剰な働きをする状態が続いている間は症状が収まることもなく花粉症の症状が延々と続くことになってしまいますが、花粉症対策を考える場合はいかに花粉を体内に取り込まないようにするかがポイントになってきます。
近頃はさまざまな花粉症対策アイテムが販売されていますが、有効策となるのはマスクなどで空気中を浮遊している埃などをシャットアウトすることができるので体内に入ることを抑えることはできます。
ただし、花粉は衣類にも付着しやすいので屋内に入って自分の衣類に付着している花粉を吸い込むことによって花粉症の症状が悪化することもあるので衣類の対策というのも考える必要が出てきます。
また、花粉症を発症する時期というのは空気が乾燥しやすくさまざまな風邪の元になるウイルスなども飛散しているので風邪と症状を混同してしまうことも少なくありません。
どのような理由で症状が起こっているかという原因を知ることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です